観たり聴いたり

星空の映画祭

先日、諏訪郡原村の「星空の映画祭」に行ってきました。 偶然見つけたチラシの、この二つの言葉、 「星空」「ボ・ラプ」に心奪われ、山を越え谷を越えて、行って参りやした(^-^; 星空の下、森の中で「ボ・ラプ」を観る。 なんてステキなのーー\(^o^)/ 夏の…

『コレット』

長野県には来ないだろうと思って諦めていた『コレット』。 高崎でやっていると知り、急いで行ってきました。 私の大好きな『牝猫』の著者、シドニー=ガブリエル・コレットの半生を描いた映画です。 あの豊かな庭と美しい猫を書いた人は、一体どんな人だろう…

大哺乳類展2

科学博物館で開催されている「大哺乳類展2」に行ってきました。 テーマは「みんなの生き残り作戦」 哺乳類が長い年月をかけて種独自に獲得してきた能力。 狩りをするための運動能力だったり、食べる機能、繁殖機能にスポットを当てています。 チーターの狩…

「ダンボ」

映画「ダンボ」観てきました。 舞台がサーカスなので、初めはどうしようかと思っていました。 でも監督がティム・バートンだし、友達がダンボにそっくりとあっちゃあ行かないわけにいかない。 つい行ってしまったわけです。 感想は、やはり行かなくてもよか…

恐るべし「ボ・ラプ」

1回目を観た時に、 「もういいや。2度はないな」と思ったのに、なんと今日で9回目。 さすがに新たな発見はないけれど、大好きなシーンがありすぎて、それを観ることを止められない止まらない。 何だか麻薬のように見続けて、今日に至っています。 もう冒頭…

「エリック・クラプトンー12小節の人生ー」

映画「エリック・クラプトンー12小節の人生ー」を観てきました。 かなり赤裸々なドキュメンタリーになっていて、ちょっと驚きました。 ドラッグを吸っているシーンや、直筆のラブレター等々、 こんなの出してしまうんだという感じ。 亡くしてしまった息子コ…

『ライ麦畑の反逆児』

映画『ライ麦畑の反逆児』を観てきました。 すごく、すごくよかった! 特に、コロンビア大学教授ウィットを演じるケビン・スペーシーがすばらしかった。 まだ大学生だったサリンジャーを指導し、何度出版社から「不採用」を受け取っても書き続けろと言い続け…

クリスマスコンサート

先日大賀ホールで行われた、 軽井沢少年少女合唱団と軽井沢ファミリーオーケストラのコンサートに行ってきました。 街もクリスマスの飾り付けがされて、 段々とクリスマスムードが高まってきました。と言いたいところですが、いまのところ全く雪がないので、…

「ボヘミアン・ラプソディ」

少し前になりますが、「ボヘミアン・ラプソディ」観てきました! しかも応援上映\(^o^)/ ここ長野で応援上映を観られるなんて。 しかもクイーンですよ。 行かないわけにはいきましぇ〜ん 果たして長野で盛り上がるか?の心配はあったものの、 客席にはワク…

「プーと大人になった僕」

この夏観た映画〜に引き続き、 今日はこの秋観た映画を。「プーと大人になった僕」 子どもの頃、よく一緒に遊んだ友だち。絶対忘れないよ。その気持ちに嘘はなかった。 けれど、大人になるともっと大事なことが次から次へとやってきて、それどころじゃなくな…

「検察側の罪人」

著しく旬を逃しましたが、この夏観た映画の感想、第3弾です。 「検察側の罪人」 話の内容とニノに魅かれて観に行ったのですが、私の感想は「う〜〜ん」でした。 ニノはよかった。 新人検事の、青臭さや普通の若者らしさがすごくリアルに感じられたから。で…

「銀魂2」

今日はこの夏観た映画第2弾、「銀魂2」の感想です。今回も前作に負けず劣らずのドタバタっぷり。 クダラナイ、クダラナイよ〜(^▽^;)っと思いながら、初めのうちは観ていたのですが…あれ?気が付いたら目頭が熱いよ。ゲラゲラ笑っていたはずなのに、いつの…

映画「未来のミライ」

この夏観た映画の感想がたまっているので、少しお付き合いください。 かなり前になりますが、まずは「未来のミライ」同じ細田守監督の「サマーウォーズ」の舞台となった“日本の夏”を期待していった私は、ちょっと思惑が外れました。古い日本家屋の長い縁側の…

「ピーターラビット」

少し前ですが、映画「ピーターラビット」観てきました。 日曜日だし吹替だし、さぞかし子供が多いのでは?と思っていたら、ほとんどが大人の観客でした。 主人公のピーターは、あのビアトリクス・ポターの可愛らしいイメージとは大違い! 嫌なヤツには悪態つ…

「ボブという名の猫」

映画「ボブという名の猫」を観てきました。はじめ新宿に行ったら満員で入れず。 時間差で上映していた銀座で、やっとの鑑賞となりました。 それにしてもこれほどの人気とは! 正直びっくりです。主人公の売れないストリートミュージシャンは、このボブによっ…

立川志の八落語会

追分の油やで行われた「立川志の八落語会」に行ってきました。 この春寄席デビューを果たし、その後もいくつか聴きましたが、 私が立川流を聴くのは、今回の志の八さんが初めて。一昨年ドラマ化された、立川談春の『赤めだか』が凄く面白かったので、 早く立…

復元納棺師 笹原留似子氏講演会

復元納棺師、笹原留似子さんの講演会に行ってきました。 大切な人の死は、誰にとっても受け入れがいたもの。 ましてやその亡骸が生前の姿を留めていなかったら、 到底その死は受け入れられません。 復元納棺師は、 その亡骸をできるだけ生前に近い姿に戻し、…

『春風亭正太郎独演会』

少し前になりますが、『春風亭正太郎独演会』に行って参りました。 若手の賞を多数獲得しているということで、すごく上手くて、聴きやすかったです。 こんな人の良さそうなお顔をして、実は結構な毒舌家。 “まむちゃん”とまでは行かないけれど、ブラックなネ…

『ルートヴィヒ』

先月になりますが、『家族の肖像』に引き続き、ヴィスコンティ監督の『ルードヴィヒ』を観てきました。 この映画は、狂王と呼ばれ、若くして死んだバイエルン王ルードヴィヒ2世の生涯を描いたもの。 ワーグナーに心酔し、豪華な城の建設費など、国を財政難…

再び寄席に行ってきた

またも寄席に行ってきました。 今回は「新宿末廣亭」です。 この界隈を歩くたび、横目で見やってはいましたが、入るのは初めて。 ここは都内では唯一の木造建築の寄席だそうで、見ているだけでワクワクします。 開演2時間位してから入ったのですが、1階席…

寄席に行ってみた

初めて寄席に行ってきました\(^o^)/ 新宿末廣亭、鈴本演芸場等々、どこで観ようか迷いましたが、今回はこちら「上野広小路亭」にしました。 入り口でスリッパに履き替えて、3階の会場まで上がります。 勝手がわからないので、もうこれだけでドキドキドキ❤…

「回転木馬に僕と猫」

みんなのうたで聴いてから大好きになった中山うりさんの「回転木馬に僕と猫」 先日久々に聴きました。 中山うりさんの歌声と、松本弘さんのアニメーションが、一見ほのぼの感じられますが、でも歌詞に不思議な切なさがあって、聴いていると目から水が出てき…

『家族の肖像』

久方ぶりに東京で映画を観ました。 用事を済ませ、さて夕方まで何をしようかな?とネット検索をしていると、 なんとヴィコンティの映画をやっているではないですか! 岩波ホールなので、今いる所とは目と鼻の先。 時間もピッタリです。 なぜ今ヴィスコンティ…

『Endless SHOCK』

昨日のブログはたまごサンドのことだけでしたので、今日は肝心の内容を少し。 今回は2階の端席からの参戦だったので、ちょっと落ち着いて観ることができました。 そのせいではないでしょうが、一人一人の台詞が耳に届く届く。 それまでは目の前の“歌や踊り”…

SMAPベストアルバム

去年の暮れにリリースされた「SMAP 25 YEARS」、とうとう買っちまいやした^^ 2011年夏にKinKiさんにどっぷりハマってからというもの、車内で聴くのは100%KinKi曲のみ。 そんな私が、5年と半年ぶりに聴いたのが、この「SMAP 25 YEARS」です。 しかも中毒症…

『メン・イン・キャット』観た!

長野ではやっていないので、結局伊勢崎まで観にいってきました。 『メン・イン・キャット』 下道で行ったので、片道2時間のドライブ。 そこまでして行った甲斐があったかどうかは、さておき、 もはやこれがグローバルスタンダードなのか!? と、思ったこと…

ヒグチユウコ展

だいぶ前ですが、岡谷市のイルフ童画館へ「石黒亜矢子・ヒグチユウコ 二人展」を観にいって参りました。 祭日だったためか、なかなかの盛況ぶり。 最近のヒグチユウコさんの人気ぶりが伺えます。 ヒグチユウコさんの絵本やグッズは、最近続々発売になります…

「山岸凉子展」中期

10月に行った「山岸凉子展」前期に引き続き、中期も観て参りました。今回目を奪われたのは、「アラベスク」の舞台のシーン。 ブルーの濃淡があまりに美しくて、しばし前で立ち呆けるの図。 うちに連れて帰りたい衝動にかられましたが、そこはグッとがまん⬅当…

『メン・イン・キャット』

またも猫が主役の映画が封切られるという。 『メン・イン・キャット』 “仕事一筋ゴーマン社長が、ある日突然、ネコにニャっちゃった!” というだけでは観にいかないが、主演はなんとケヴィン・スペイシー! これは観にいかなくちゃだワ! と最寄りの劇場佐久…

「山岸凉子展」

文京区の弥生美術館に「山岸凉子展」観にいって参りました。 山岸凉子さんは私の一番好きな漫画家さん。 「アラベスク」「メタモルフォシス伝」「妖精王」「日出処の天子」は未だに思い出しては読み返す作品です。 目に見えないもの、“霊的”なものがいつも作…